1. 中古住宅、中古一戸建てのリプライストップ
  2. 山形トップ
  3. 私達が購入を決めたポイント
  4. 私達が購入を決めたポイント[お客様の声(松本様)]

私達が購入を決めたポイント[お客様の声]

私たちが購入を決めたポイント 松本様

とにかく惹かれました。見学しながら、「いいなぁ、いいなぁ。」ってずっと言っていました。(松本様)

まずは、家を探し始めたきっかけを教えてください。

夫)元々住んでいたアパートが2DKで狭かったんです。たとえば体操をすると当たったりするんですよ。

妻)狭いせいで結構イライラしてたもんね(笑)

夫)そのアパートの更新時期が半年後に迫ってきて「早くここを出なければ!」ということで、広い賃貸を探し始めたんです。ニッショーでだいぶ物件を見に行きました。

妻)毎日のようにニッショーのHPを見てました。

夫)けれど、何件物件を見に行ってもほとんど変わらない。気に入る物件はほとんどないし、2LDKや3LDKと広くなれば、それこそ高くなる。やっぱり賃貸では限界があるんですよね。

妻)そんなとき、私がリプライスさんのチラシに反応したんです。「月々28820円って何!?」って。間取りもいいし、ベランダも広い。なにより部屋も相当広そうだし。これは絶対見に行きたいって思いました。

夫)そのときに、自分が妻に言ったのが「見に行くだけだぞ。」ということ。あんまり妻のテンションが上がっていたものだから、そのまま行ってしまうとすごい営業されるんじゃないかと思って。

「住んでから一番思ったのは、非常に暖かいと言うこと。前に住んでたアパートとは違って、やはりマンションは構造がしっかりしているんでしょう。予想していなかったので、うれしい誤算です。」

実際はそのときどう思われていたのですか?

夫)そこまで具体的には考えていませんでした。マンションを買うかどうかも決めていませんでしたし。どれだけリフォームしているかなど見学する前に見るポイントは決めておいて、もし良ければ候補に入ってくるかなというくらいでした。

妻)私は、一緒に行ってくれれば「まずは、よし!」と。

見学されていかがでしたか?

妻)とにかく惹かれました。見学しながら、「いいなぁ、いいなぁ。」ってずっと言っていました。

夫)自分もこれはキレイだなぁと。今使っている食器棚やテーブルを置くイメージをしながら部屋を見てみて、これは明るい色同士で合うなとか思っていました。しかも、月々の支払いをシミュレーションしてもらっても、今より安い。「管理費や維持費など全て込みで月々5万円以内で収まります」と聞いて、さらにグッときましたね。

オール電化マンションです。室内は白を基調とした明るい内装にリフォームしています。

買う決心をするまで迷わなかったのですか?

夫)部屋も納得できるものでしたし、資料もしっかり用意してもらったのであまり迷わなかったです。担当の村田さんが、買い手目線で接してくれたのもポイントでした。

妻)村田さんは「買ってください。」というようなことを何も言わないんですよ。極端にプッシュしない。営業っぽくなかったですね。ここにテレビ置こうかとかっていう話にも付き合ってくださって。

夫)ただ、他にこの物件を買いたいという人がいたようでそこに負けたら買えないかもって思って、正直焦りました。だから自分たちの方が決めたのが早くてホッとしました。

妻)見学に行ってから、契約まで2週間足らずでしたから。

1ヵ月住まれていかがですか?

妻)あなたは帰るのが早くなったよね(笑)

夫)確かに(笑)

妻)あとで同じマンションの人に聞いたら、みんなこの部屋には注目していたみたいです。リフォーム業者の人が何度も出入りしているのをよく見かけて、あの部屋はどれだけすごいリフォームをしてるんだろうと話題になっていたみたいで。

夫)最初に親が泊りにきたときに「どこが中古!?」って言ってました。職場の同僚も泊りに来て、「よかったね。家持ったんか。」とか言ってもらって、そう言われるとは予想していなかったので素直にうれしいな、と。

最後に家を買おうかと考えている人にメッセージをお願いします。

妻)今は「玄関が遠くなった!」って二人で声を揃えています。「家の中をよく動いているな。」って。やはり広い家に住めるのがいいですね。

夫)まずは見に行ってみたらいいんじゃないでしょうか。
実際に行ってみたらイメージも湧きますし、支払いに関しても具体的にシミュレーションすると分かってきます。だから、まずは見に行くこと。
これだと思います。

取材中は担当の村田をべた褒めしていただきました。松本様、ありがとうございます!

松本様ご夫婦と担当者の村田

担当の村田です。自分もこの地域に縁があればきっと買っていた物件です。いつもそんな視点で自社の住宅を見てしまう癖が出てきてしまうので要注意です。このインタビューはあまりに褒めていただけるので本当に照れてしまいました。松本様、担当させていただきありがとうございました。

まずは、あなた自身の目で再生住宅を見に来てください。その家があなたのものになるかもしれません。

再生住宅は早い者勝ち!!物件情報を見る

前のお客様の声を見る

次のお客様の声を見る

  • 再生住宅は早い者勝ち!! 物件情報を見る
  • はじめての方へ 再生住宅購入ガイド
  • ローンの審査をセルフチェックしてみよう!
  • オープンハウスに行ってみよう!
  • お客様の声 購入を決めたポイント

ページ上部へ